メガリスのメリットとデメリット

夜でもバッチリ(ED治療薬)

メガリスのメリットとデメリット

日本で使用されている主なED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。

バイアグラが販売開始されてから10年以上経つ現在でも、日本ではED治療薬といえばバイアグラという印象が最も強いと思います。

しかしシアリスが2007年に販売が開始されると、その人気はバイアグラに迫ると言われるようになりました。

その要因としては長時間に渡る作用効果時間と食事による効果の減弱が少ないということが挙げられると思います。

したがって、これまでのように時間に縛られることなく気楽に服用できるとして人気が出ているのです。

シアリスの欠点は1錠あたりの単価が高額であることと言われています。

この欠点を解消できるのは”メガリス”というジェネリック医薬品です。

メガリスはシアリスのジェネリックとされ主成分にはシアリスと同じタダラフィルが使われています。

そのため効果はシアリスの最長で36時間という効果持続時間も、食事による効果の減弱が見られないという効果も同じように期待できるのです。

ただし、このようなメリットだけではありません。

もちろん副作用も引き継がれるため、メガリスの副作用を知っておくために”インポ(ED)対策室”のような情報サイトをチェックしておくことも重要だと思います。
copyright(C)夜でもバッチリ(ED治療薬)